TODA KOHSUKE

和の衣 / 2017~

物心ついた頃には、すでに洋服を着ていた。
そこには何ら違和感はなく、それがふつうだった。 最初に和服を着たいと強く意識したのは成人式のときだった。日本人として、日本の服が着たいと思った。ただそのときは、みんなスーツだからという理由からスーツを着て行った。日本人らしい選択と言えばそうかもしれない。
祭事を除けば和服を着る機会はほとんどない。特別な日に着る特別な服、それが和服。正直なところ、古典的な着物を毎日着る日常を全く想像できない。今の和服が必要なんだと思う。
そもそも歴史を辿ると、時代ごとに実に多様な和服が生まれ育まれてきた。平安時代と江戸時代を比較してみても和服の形は全く異なる。これは考えてみると当然で、価値観の変化に伴い和服も時代ごとに変化をしてきたということ。

いつの時代も様々な国の思想や文化を受け入れ吸収し、そして日本のものとして融和し昇華してきた。だからこそ、確信を持って和服を手掛けることができた。今、この時代に然るべき和服が絶対にあるのだから。

私にとって衣服は、個人の表現の発露というよりも寧ろ、その地域の、大袈裟に言えばその国の景観であると感じている。全ての日本人が和服を着たら、日本はどれほど美しい国になるだろう。その国の地域を形作る最も重要な人工物は建物だと思う。それに引けを取らないほど重要な物は着物だ。旅をして、現地の人を見て美しいと感じるのは、その土地らしさを感じるからだと思う。風土、建築、食物、衣服といった、あらゆる要素が調和する姿に感銘を覚える。日本もそんな美しい国でありたい。

日本で和服を着ることは、最も自然であるべきだ。



最初の型として手掛けた「折衷」は、スーツに代わる仕事着。 和服を広めたいとはいえ、唐突に着るのは抵抗がある。そこで、着るべき人、相応しい人とは誰かを考え辿り着いたのが伝統工芸に携わる方々だった。
仕事柄商談の場へ行くことが多いが、多くの方がスーツを着ている。しかし、日本の文化的なものづくりを担う伝統工芸に携わる方々がスーツで商談する姿には違和感があった。

この衣服の要は、「着物」と認識されている「長着」を省いたこと。日本の服装史に刻まれるほどの革命かもしれない。 長着とは浴衣など裾まである和服のことであり、着物といえば一般に長着を指すようなものだが、現代の生活を考えるに相応しくない点が多々挙げられる。歩幅が狭くなるため歩行速度落ちる点や階段の上り下り、お手洗いの際にも時間が掛かり過ぎてしまう。洋服に慣れている現代を生きる私たちにとっては、毎日気兼ねなく着れる衣服とは言い難い。だからこその決断だった。
これにより、本来長着の中に着る「襦袢」を、表に出す衣服として仕立て直した。スーツでいうYシャツの立ち位置。こうすることで、和服をスーツのように着ることが可能になった。「羽織」はジャケット、「袴」はズボン、「襦袢」はYシャツという感覚で。

日本の服装史を大まかにいえば、貫頭衣という布に穴をあけた単純な衣服から始まったとされ、飛鳥や奈良時代にかけても隣国の文化を積極的に吸収し、平安時代に束帯や十二単などが生まれ、その後も改変を繰り返し室町から江戸時代にかけては裃が生まれ小袖が完成し現代へ繋がる。何をお伝えしたいかといえば、時代が変わると和服も変わるということ。
ちなみに「長着」の元となったのは「小袖」であり、平安においては装束の「下着」だった。平安時代の方々からすれば、現在の和服は下着で出歩いているようなもの。略装が正装になりうるということを、歴史を学んだことで確信した。和服だけではなく洋服にもこのような変化は垣間見え、下着として生まれたTシャツ一枚で街を歩ける世の中になっている。

「和の衣 折衷」では古典的な印象をかなり残したが、もちろん形をそのまま残す意味はあまりない。 この活動の本質的な価値は、和服という概念の拡張にある。

和服はもっと、自由でいい。


デザイン
戸田 光祐

撮影協力
山口越前箪笥 山口 祐弘

写真(物撮り)
株式会社桃屋美術 春日 晃

写真(人物)
池田 翔、高橋 知也

映像
池田 翔

メディア掲載
Startup Times

Instagram
和の衣