戸田光祐 TODA KOHSUKE|作品と製品|Wine Porcelain ワインポーセリン 磁器のデザイン

Wine Porcelain

肥前吉田焼デザインコンペティション2016出品作品|2016

ワインポーセリンは、ワインを飲むための器。
肥前吉田焼は400年の歴史を誇る焼物の産地でありながら、有田焼として分類されてきた経緯があり、その名はあまり知られていない。しかしながら、水玉模様の急須や湯のみは、名は知らなくともどこか見覚えがある。この柄はデザイン資源として有用なのではないかと思い、この水玉模様を使用した器を手掛けようと至った。

ワイングラスを磁器で製作することを提案した理由は、茶器よりもグローバル展開が見込めるのではないかと感じたため。本作は採択はされなかったものの、伝統を今に生かす上でひとつの考えを提示できたように思う。

デザイン:戸田光祐

戸田光祐 TODA KOHSUKE|作品と製品|Wine Porcelain ワインポーセリン 磁器のデザイン 戸田光祐 TODA KOHSUKE|作品と製品|Wine Porcelain ワインポーセリン 磁器のデザイン