TODA KOHSUKE

Shell Chair / 2008

大学入学後初の自由課題で手掛けた作品。 椅子好きな友人がいた影響からか家具がとても好きになっていたため、制作の対象に選んだ。 成型合板という手法は先輩の影響で、今決めれば一緒に頼んでくれるとのことで形も決まっていないのに先に材料を発注してしまった。 最終的には4つの部材からなる座椅子とソファーの間のような家具を手掛けた。クッション部分には贅沢に本革で革張りしている。 ターゲットユーザーは自分です、というプロダクトデザインのコースに通う学生としてはタブーともいえるプレゼンを行いながらも評価して頂けたことはとてもうれしい思い出。 椅子のように点で床と接する家具に少し抵抗があった。洋室なのに床の生活をする自身の現状に対して最適解を思案した。 講評前にどの作品が良かったかという質問に多くの友人がこの作品を挙げてくれたことは本当にうれしく自信に繋がった。


デザイン・制作・写真
戸田 光祐

校内参考作品