TODA KOHSUKE

書の軌道 / 2007

大学入学後初めての課題で制作した作品。
スピード感を感じさせる立体という課題に対して、敢えて形のない毛筆の軌道の具象化に挑んだ。どのような形に速さを感じるのか、描いているうちにひらがなの「つ」のような形に行き着いた。全体としては書独特のひねる動作や、とめ、はねを主観的感覚において立体を成した。始点に向かうはねは∞のような印象を与え、静物でありながら動的な印象付けを促している。


デザイン・制作・写真
戸田 光祐

校内参考作品