TODA KOHSUKE

畳のベンチ / 山口製作所 / 2018

鉄と畳みからなる二人掛けのベンチ。
日本では古来、家そのものが家具のような役割を果たしていたように思う。押し入れや階段下は収納家具であり、畳みはベッドやカーペットのようでもある。中でも腰掛けたり寝転がることもできる縁側はとても魅力的な空間であり、それらを家具として抽出できたらと想いこのベンチを手掛けた。
脚は柱のように力強く安心感を与える反面、畳の座面部は薄く浮遊感を持たせることでコントラストを生み古典的な素材でありながら新鮮さを有する。
住宅、店内を問わず扱える日本のベンチ。

デザイン・写真
戸田 光祐

製作
有限会社山口製作所